サポ  outline

ニュース

[2010年10月25日]
テクニカラー社とメモリーテック社、事業提携覚書を締結 テクニカラーがメモリーテックとの連携により日本のフィルム市場へ本格参入
メモリーテック株式会社
2010年10月24日、テクニカラー(ユーロネクストパリ証券取引所銘柄: 18453、ニューヨーク証券取引所銘柄: TCH)とメモリーテック株式会社(本社:東京都港区赤坂)は、アジア圏のフィルム事業およびポストプロダクション事業における提携合意の覚書を結んだことを、フランス パリ、タイ バンコク、日本 東京(東京は東京国際映画祭にて)で発表いたしました。 今回の業務提携により、メモリーテック・グループはテクニカラー公認のパートナーとして、日本顧客向けにフィルム事業(上映プリント、インターミディエイト、音声制作等)の営業活動を展開し、テクニカラーは、メモリーテック・グループ公認のパートナーとして、日本国外の顧客向けにポストプロダクション事業の営業活動を行います。

「これまでメモリーテックとグループ傘下のポストプロダクションであるキュー・テックはデジタル分野に注力してきましたが、テクニカラーとの提携によりフィルム・サービスの提供も可能となります。日本の顧客は品質の高いフィルム・サービスの低コスト化を求めており、そのニーズに応えるため、テクニカラーと提携しました。」(メモリーテック株式会社 代表取締役社長 川﨑代治)

「テクニカラーとメモリーテック・グループは、ともに最先端技術の開発に積極的に投資を行ってきました。業界のリーディングカンパニーである両社が手を組むことによって、アジア圏の顧客へ多角的なフィルム・サービスとデジタル・サービスの提供が可能となります。」(テクニカラー・クリエイティブ・サービス社長 ジョー・バーチトールド)


メモリーテック について

光ディスクの製造業務を開始して以来25年、メモリーテックは顧客拡大と技術力向上を続け、デジタルコンテンツの将来の発展を担うリーディングカンパニーとして、映像業界各社へトータル・ソリューション・サービスを提供している。メモリーテック・グループは豊富な経験に裏付けられた最先端技術と丁寧な顧客対応能力を最大限に活用し、映像業界各社とコンシューマーをデジタルコンテンツの将来へ導く先導役として、映像業界に貢献している。

テクニカラーについて

エンターテインメント業界の革新的な発展に寄与し続けて95年、テクニカラーは常に全世界のエンターテインメント業界、ソフトウェア業界、ゲーム業界の中心に位置し、多様なサービスを提供してきた。同社はプリプロダクション、ポストプロダクション、そして配信サービスにおけるリーディングカンパニーであり、世界最大級のフィルム現像所としても知られている。また、独立系では世界最大級のDVD/Blu-ray製造会社でもあり、近年はセットトップボックスやゲートウェイの供給においても業界を牽引している。知的財産権およびライセンスビジネスの知見も豊富である。 テクニカラーのバンコク現像所は1977年に設立され、全世界向けに映画作品、CM、ドキュメンタリー作品などを対象とする事業を展開してきた。現在は主にアジア太平洋圏および中東圏向けに上映プリント、高品質音声制作、映像、デジタル処理サービスを提供している。

[本資料に関するお問い合わせ先]

メモリーテック株式会社 経営企画室
電話:03-3405-8890
メール:mtcpress@memory-tech.co.jp



以上