サポ  outline

ニュース

[2016年03月29日]
Ultra HD Blu-ray™ トータル・ソリューションサービス受注開始のお知らせ
メモリーテック・ホールディングス株式会社

メモリーテック・ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:上田 豊)は、子会社のメモリーテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:上田 豊、以下メモリーテック)および株式会社キュー・テック(本社:東京都港区、代表取締役社長:古迫 智典、以下キュー・テック)による、Ultra HD Blu-ray (※次世代ブルーレイ:以下UHD BD)のトータル・ソリューションサービス受注開始を発表いたします。


当社は、2016年3月24日付でBDアソシエーションから、公式にオーサリングハウス(※BD-ROM 4.0 Commercial Audiovisual Content Licensee)として認証を受けました。 すでに、2015年12月に取得したUHD BDのディスク生産に関する認証(※BD-ROM4.0 Media Licensee)と合わせて、UHD BDパッケージ製造に関する全てのサービスを一貫してご提供する環境が整いました。


今後は、キュー・テックによるエンコード・オーサリングサービスから、メモリーテックによるディスク生産まで、当社グループにて一貫したトータル・ソリューションサービスを提供し、UHD BDの普及に尽力して参ります。




キュー・テックでは、映像編集ツール「Quantel Rio(英Snell Advanced Media社製)」を中心にUHD編集環境を整備しております。また、オーサリングツールとして「Scenarist UHD(米Scenarist社製)」、HEVCエンコーダーとして「ATEME TITAN(仏Ateme社製)」をすでに導入しており、今後さらにSirius Pixels社製エンコーダーの導入を予定しています。これらは、SMPTE提唱のEOTF規格「ST2084」に基づいたHigh Dynamic Range(HDR)や、新たな広色域規格ITU-R BT.2020など最新のUHD規格をサポートしたツールであり、UHD BDの規格・性能を余すところ無く発揮するための重要な設備です。また、最新鋭の技術や設備を整えるだけではなく、30年を超える光ディスクマスタリングの豊富な経験により、お客様の大切な高精細映像コンテンツをパッケージ化いたします。また、メモリーテックでは、業界に先駆けて三層100GBディスクを含むUHD BD全規格の製造体制を整え、既に製造・量産を開始しております。


今後ますます広がる高精細・高品質コンテンツのニーズに応えるべく、両社の密接な連携体制でトータル・ソリューションサービスを提供し、コンテンツホルダー様をサポートしてまいります。



【本件に関するお問合せ】

メモリーテック・ホールディングス株式会社
経営企画室 池田 一郎
TEL:03-5545-2800



以上