サポート  outline

レーベル印刷

スクリーン印刷

1.印刷様式

  • 方式:スクリーン印刷
  • インクの種類:UVインク
  • インクの色:ディスク盤面に使用できる色は限られています。「メモリーテック盤面印刷カラーインク標準在庫色リスト」から選択してください。(カラーインク一覧
  • 色数:アルミ地色に2色印刷までを原則とします。(その他の場合はご相談下さい。)

2.印刷用入稿データ・フィルムの種類

  • フィルム:スクリーン印刷用ポジフィルム(膜上ポジ・100線)
  • 完全版下(注:レーベルの完全版下)は、可能な限り同寸で製作してください。
  • 注意:階調原稿(例:写真版など)の網点線数は、100/inとします。

3.印刷方法

  • 印刷範囲(単位:mm)
    品種 メモリーテック品名 印刷範囲 印刷エリアサイズ
    R1 R2 R3
    12R
    レギュラー盤
    スーパースクリーン 23.0以上 116以下
    スクリーン

    46.0以上

    116以下
    8S
    シングル盤
    スーパースクリーン 23.0以上 76以下
    スクリーン 46.0以上 76以下

  • 印刷エリアは、上記印刷範囲を守って下さい(図1)。範囲を超えると、印刷不具合の原因になります。
  • 網点上ののせ文字は、文字のにじみを生じます。(網点抜き文字も同様)
  • 網点のグラデーションは、スクリーン印刷では非常に困難です。ある程度グラデーションに境界が生じることをご了承ください。
  • 網点線数は100/inch以下として下さい。それ以上の線数については再現性を保証しかねます。
  • 文字幅は0.2mm以上として下さい。0.2mm未満では印刷字の合わせ、及び線の再現性を保証しかねます。
  • スクリーンインキは隠蔽性のないインキも含まれており、重ね(のせ)によって色変化が生じることもありますのでご了承下さい。
  • 細線の文字重ねは、先印刷の文字を太らせるようにして下さい。 (0.2mm~0.3mm程度)
  • デザイン上の最小印刷幅も0.2mm以上とします。
  • 見当合わせの指定(見当合わせのトンボ付→+の印)
    印刷用フィルムには、[ 図2 ]のような見当合わせのためのマーク(トンボ)を中心・天地および左右の計5箇所に必ず入れて下さい。(範囲:直径で124mm以上140mm以下)

4.表示

表示項目には「レーベルマーク」「発売会社名」「曲目」などがありますが、次の各表示項目は、ライセンス契約及び製造管理上から必ず表示します。

  • コンパクトディスクのロゴ(各種ロゴについて
  • セールスNo.(商品番号)
    なお、原産国表示としてコンパクトディスクを複製(プレス)した国名表示を必要とする場合は日本製である旨の表示をします。  
    例:MADE IN JAPAN