コンテンツ管理

コンテンツ管理

メモリーテックは、エンタープライズ向け映像、音楽コンテンツ管理システムの構築で多くの実績があります。企業内での映像・音声のメタ管理、及びコンテンツ管理を一元化することで、幅広いコンテンツビジネスをサポートします。

KaleiDA-Vu

KaleiDA-Vu

エンタープライズ向け楽曲管理システム

音源管理に特化したコンテンツ管理システムです。アーカイブ向けコンテンツ管理から、配信向けコンテンツ管理まで 幅広く音源管理業務をサポートいたします。

詳しくはこちら

KaleiDA-ArchiveManager

撮影素材や完パケなどの映像コンテンツ管理システム

映像やスタジオ音源管理に適したコンテンツ管理システムです。プロキシ生成やプロジェクト単位での関連ファイル管理など、業界にマッチしたつくりとなっています。また、Starchive-LTOとの連携により、アーカイブ状況の閲覧も可能です。

詳しくはこちら

KaleiDA-Arc

どんなファイルも管理できるファイル管理ソリューション

カレイダアークは、ファイルを管理、アーカイブ、メタ情報設定、共有まで行える柔軟かつシームレスなファイル管理システムです。高度かつ高速な検索、アーカイブは二次利用を促進し、ビジネスを拡大します。

詳しくはこちら

コンテンツ管理システム開発

コンテンツ管理システム開発

コンテンツ管理システムの開発

お客様のご要望に合わせ、KaleiDA-Vuをベースに最適なコンテンツ管理システムをご提案・開発・構築いたします。

詳しくはこちら

著作権/印税管理システム

番組の著作権に関する印税の計算・管理システム

著作権/印税管理システム(MAMシステム)は、コンテンツの二次利用の際に必要な権利許諾業務を効率化し、権利者への権利料支払いを自動化し、ワンパッケージにしたシステムです。コンテンツのメタデータ(コンテンツ情報、権利者情報、楽曲情報など)をDBによって一元管理し、さまざまな提供形態に対応することができます。

詳しくはこちら

CONTENTS