サポ  outline

ニュース

[2018年11月13日]
ファイル管理システム「カレイダ アーク」が Amazon S3 API準拠のオブジェクトストレージ「CLOUDIAN HYPERSTORE」と連携開始
メモリーテック株式会社

メモリーテック株式会社 (東京都港区、代表取締役社長:上田 豊、以下「メモリーテック」)は、この度、同社のファイル管理システムの新製品『カレイダ アーク』と、クラウディアン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:太田 洋、以下「クラウディアン」)のオブジェクトストレージである『CLOUDIAN HYPERSTORE』との連携を開始いたしましたので、お知らせいたします。

カレイダ アークは、映像、音楽、写真、デザインデータなどの各種ファイルを一元管理するためのシステム製品です。この製品では、オンプレミスでの運用が中心だった従来の製品に比べて、各種クラウドストレージとの連携機能を大幅に強化いたしました。また、ファイルやメタデータ管理の利便性の向上、検索機能の高速化、柔軟な権限設定などを実現いたしました。

一方、クラウディアンのCLOUDIAN HYPERSTOREは、Amazon S3 APIと極めて高い互換性を持つ、オンプレミス用のオブジェクトストレージです。同製品はAmazon S3 APIと連携可能なアプリケーションを利用できるストレージとして、国内外で高い評価を受けております。主な特徴は以下のとおりです。
 ・Amazon S3 APIとの極めて高い互換性
 ・スモールスタートが可能で、スケールアウトが容易な構造
 ・地理的に離れた複数拠点間でのクラスタリング
 ・クラウドストレージとの階層化機能

今回のシステム連携によって、カレイダ アークのメタデータやタグによる高速検索機能や、ファイルのプレビュー機能を使って、CLOUDIAN HYPERSTOREに保管したデータの検索や取り出しを即座に行うことができるようになります。その結果、ユーザーのコンテンツ活用を促進いたします。また、機密性が高いデータや利用頻度の高いデータはオンプレミスのストレージに保管し、その他の利用頻度が低いデータ等はクラウドストレージに保管するといった階層型管理をカレイダ アークで行うことが可能となり、ユーザーの利便性が大きく向上いたします。

メモリーテックは今後も、映像、音楽等のエンターテインメント・コンテンツ業界を中心に、利便性の高いシステムやサービスを開発してまいります。



【本件に関するお問い合わせ】
 メモリーテック株式会社
 デジタルソリューション事業部 担当:田尻、田崎
 〒107-0052 東京都港区赤坂5-2-20
 お問い合わせ:https://www.memory-tech.co.jp/contact


Amazon S3は、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の米国その他の国における商標または登録商標です。




以上